五等分の花嫁 94話 「分枝の時①」【ネタバレ】一花の決意は硬く本当に学校を辞めそう、風太郎でも止められない。最後に一花が企んでることは何?四葉へ昔のことを切り出し始める。

目次

*発売後に引用として画像つけます

五等分の俺嫁作ってみた!

五等分の花嫁に出てくる5人のヒロイン。あなたに求める嫁を性格診断からチェックできます。 お試しあれ!五等分の花嫁から俺の嫁を探す

五等分の花嫁 予想 マガジン33号時点

個人的予想からの推測なので、賛成反対あると思います。 熱い議論はtwitterの@Mr_collecで受け付けています!

タイトルの通り現時点での花嫁予想を毎週予想していきます。

五月が最有力?

今のところ、
1.五月
2.二乃
3.三玖
4.一花
5.四葉
です。

ブログ主の心境、最近・・・

どうもブログ主です。80話あたりから花嫁ブログを書いてきたわけですが、最近このブログを書くのが苦痛になってきました。

当初このブログをかき始めた頃は、楽しくて楽しくてしょうがなかった。でも今は。。。

なぜかなと思って色々自分なりに分析してみました。結果わかったこと。

考察記事ではなくネタバレ記事が主体になっている!!!!

そりゃ書いててつまらんですわ・・。ネタバレとはストーリーをばらすこと。考察とはストーリーに対して、登場人物の描かれていないところを含めて書くこと。

ブログを始めた当初は、ミク可愛いとか四葉は闇やべええええとかでしたが、 最近は某「漫画”バツ”」サイトのように、文字でひたすらネタバレしか書いていなかったな。

正直言って書く側はもちろん見る側もつまらんだろうなと反省。(実際にPV数も先月より落ちてる)

原因はブログ初心者でスタイルが固まってないため。これからは、考察記事主体のザクっとあらすじ記述にしようかと。 目指すスタイルは、現実頭皮(わざと誤字)さんみたいな読んでて面白いもの。

ですので、この記事は一度漫画を読んだ方向け!

93話おさらい

ざっくり93話のおさらいします。詳しくは、93話考察/感想

ニノ戦略的ツンツン

風太郎のバイト先の店長の怪我の見舞いのため、同じバイト先であるニノと病院へ行くことになる。

ニノは自分に振り向いてくれない風太郎に対し, 押してダメなら引いてみろを超えた、押してダメならツンツンしてみろを試していた。

実際にやってみると、ニノの演技力のせいなのか、初期の風太郎への接し方にもどっただけなのかはさておき、なんとも迫真の演技ができている。というか、やりすぎていることに、ニノ自身も反省してしまう。

マルオは忙しい

ニノが病室を抜けると、同じ病院で働くマルオに声を掛けられる。ニノがマルオに明日は帰ってくる?と聞く。というのも、明日は中野麗奈(母)の命日であるから。マルオは明日も忙しいといって仕事に戻っていく。

風太郎好き・・・

マルオの後ろ姿を見つめるニノに入れ替わりで風太郎が声をかける。そして、花束を渡す。ニノ自身へではなく母親の命日に対してである。

そんなやさしい風太郎にニノは、ツンツン氷河期からデレデレオンパレードへ生まれ変わる。

風太郎はずっとそばにいてくれる?とプロポーズ染みた告白までしてしまう。(この発言は、亡くなった母、”家を出ていく”一花のように離れてほしくないという意味が強い)

そのニノ発言に対し風太郎はごまかししつつもビビったと照れながら言うのであった・・・。

一花家出じゃないよ。退学だよ。

4人は一花が家を出ていくと勘違いしていた。本当は、2学期から学校をやめるというのが真実。それをきいた4人は唖然とする・・・。

一花決心かたし

一花の表面

2学期で学校を辞める一花。結構大きめの撮影が入ったこと、撮影場所が遠いからもう学校には通えないと。

うん、なんか実際に現実でも聞いたことがある、こういうセリフ。 何かを辞めるときに、他のことを持ち出して、「私は××があるため仕方なく○○を辞めます」っていうとき。

例えるなら、学校の部活を辞めるときに言い訳。受験があるので私は仕方がなく部活辞めます。って感じの。

でも、その理由は表面上の理由であって、裏の本当の理由は違うことが多い。 部活だって勉強しながらできる人はできる。要するに正当性を持った言い訳が欲しいだけ(本当に受験で無理な人もいる)。

じゃあ、一花は?

おそらく、正当性を求めているだけ

仕事に専念したいというのはわかる。しかし、一花の学校を辞めるにも関わらず、このあっさりした様子。

私に学校はもう必要ない

薄口醤油ラーメン並にあっさりしすぎている。

そして、最も気になったのは一花の学校を辞めるかどうかの苦悩を描いたシーンが1Pもないことである。

これでは一花に対しする同情の感情移入もできやしない。春場先生にとって一花の存在とは、いかに・・・。

人情味溢れるニノ

一花の退学宣言シーンに関してニノ側視点。

一花の退学を聞いた瞬間。

gotobun_picture

春場ねぎ 五等分の花嫁94話より

あーあーあーあーあーあーと耳を塞ぎシャットアウト。それでも、話を続ける一花。

そして、ついにニノがブチギレる。そしてこの表情。

gotobun_picture

春場ねぎ 五等分の花嫁94話より

一瞬でもニノ耳塞いで聞こえないふりとか子供かよ、小学生かよ、幼稚園児かよ、ヒカ○ンに仕返しするゆたBNかよって思ってしまった自分が本当に許せない。

ニノは本気で一花とぶつかっている

家族のことを人一倍思っていて、家族姉妹で高校生活を過ごしたいと素直に思っているだけ・・。

その涙が証拠・・・。

ニノ応援したくなるわ。

五月さっぱりしてる

五月は相変わらず、姉妹の母親

gotobun_picture

春場ねぎ 五等分の花嫁94話より

家に帰ってくると言ってるから、一花が学校より大事なことを見つけたことに喜びましょう。

悪くない。よ。悪くない。むしろ100点かもしれない。ただし、それは教育者視点であって、姉妹の目線ではない気がする。

というのも、一花なみのあっさりラーメンの味がする。なんかお風呂上がりのさっぱりした顔・・。

「一花学校辞めるって聞いて、五月の気持ちの切り替えが早すぎる件」で94話のタイトルいけるよ。

もちろんそれに対して、優等生は違うわねと皮肉ニノに言われる五月。これに関しては、ニノに座布団50マイ。

五月を悪く言う言い方になったけど、五月の対応は仕方がないということはわかって欲しい。

だって、五月は中野家の母親になると決めたんだから。それは、姉妹を導く存在、教える存在、教育者としての役割をまっとうしようしているだけ。悪気はない。

四葉サイド

四葉の過去編以来の四葉の立ち位置は、本当はニノみたいな強い感情を持っている。 けど、高校時代の暴走した自分がいたこと、そして、助けてくれたみんなへの気持ちが大きくて、本当のことは言えずにいる様子に見える。

その証拠にこの四葉。昔の死んだ目をしている。本当は辞めて欲しくないが95%じゃないのかな。(勝手な想像)

ミクサイド

この場のミクの登場シーンこれだけ。

gotobun_picture

春場ねぎ 五等分の花嫁94話より

えええええ?

と心配したけど、しっかり後半にあるのでご安心を。

四葉から風太郎への依頼

一花が学校を辞めるときき一目散に中野家へ向かう風太郎。

出迎えたのは、四葉。

ただの四葉ではなく、風呂上がりの四葉!

水着焼けのラインがなんとも言えん。

最初は風呂上がり姿の四葉にうんともすんとも言わなかったが、四葉が引き止めるとやっと気づいた。

風太郎の真剣さがよく描写されているシーンですね。

そして、四葉のお願い。

gotobun_picture

春場ねぎ 五等分の花嫁94話より

頼むとは何を?四葉は風太郎が一花が学校を辞めさせるのを辞めさせるためにきたことはわかっているはず。

わかった上での、発言。つまり、四葉も一花を辞めて欲しくない。でも、頼めるのは風太郎だけ。

四葉から風太郎への信頼はあつい。家庭教師で”私達”を救ってくれたように、また姉妹を救ってと私は読みとった。

ミク×一花

一花輝いていない

先生への報告を済ませ、学校を後にする一花。

そこへ一花の友達と会う。彼らは、高校最後の部活動の大会へ向けて必死になって練習しているところ。

そんな彼らに言われた一言。

gotobun_picture

春場ねぎ 五等分の花嫁94話より

なんでそんな顔してるんよ・・。

高校生活最後の大会へ向けて頑張る彼らが眩しい。一方で一花自身は?

そんなの輝いているに決まっている。だって一花も女優っていう仕事に一生懸命になって、彼らよりもっと輝くために学校まで辞めるんだから。

一花の方が輝いているに決まっ・・・て、ない。

ああ、これって女優業を言い訳にしてる証拠じゃないですか・・・。

一花の本音

一花の帰りを待ち伏せするミク。墓参りのときに登場シーン、発言がないと思ったら、ここで専用ページ用意されていたのね。

gotobun_picture

春場ねぎ 五等分の花嫁94話より

ところでミク危ないよそこ。てかどうやって登った笑。高さ的に170cmくらいあるよねそれ笑。まあそんなことはどうでもよくて。

ここで、ミクは一花の本音をきく。ミクと一花と言えば、風太郎を取り合った因縁?の仲。当時の一花のミクへの残虐行為は衝撃だった。

学校には言った?とミクが聞くと、

応援してくれる。これでもう戻れない。私にはこの道しかない。と返す一花。

一花ならなんでもうまくできそうというミクに仕事と勉強両方うまくできるほど現実甘くなかったと一花が答えると、

gotobun_picture

春場ねぎ 五等分の花嫁94話より

一花の気持ちの核心付近をつくミクの言葉。そう、問題は風太郎関係。学校をやめようと思ったのはこれが初めてじゃない。

実際には、ずっと前から思っていたこと(93話一花が学校を続けた理由考察

でも、学校を続けるきっかけとなった風太郎との関係が逆に辞めるきっかけになりつつある。

元に戻れると思ってたのに、風太郎と一緒にいると自分が許せなくなる。と。

あんな腹黒いことしたら誰でもそうなる。この清算ってどうしたらいいんだろう。 素直に好きだったからあんなことしたと謝るくらいしか思いつかない・・。

やってしまったことへの贖罪が見つからないがゆえの苦しみ。逃げたくなるのがわかるよ一花さん。 そして、一花の本音。

gotobun_picture

春場ねぎ 五等分の花嫁94話より

でも最後には、「なーんてね」と本当の気持ちを冗談にする一花のくせ。風太郎への告白と同じように。

主人公風太郎ならなんとかできないこともな・・

ようやく風太郎登場。汗だくの風太郎。

一花の女優業が忙しくて、という理由を真に受けて先生から休学という方法を見つけてくる。

2学期は休学して、たまに出席しつつある程度の学力が提示されれば卒業できると。

5人で卒業したいなら、俺を個人的に雇え。この方法を選べと。

でも、一花にとってそんなことどうでもいい。むしろ本当に5人で卒業したかったら、とっくに学校の先生に相談している。

本当の原因は自分であることに気付かないまま説得をするも一花には届かず。

そしてこの笑顔である。

gotobun_picture

春場ねぎ 五等分の花嫁94話より

輝いている。

自分に真剣になってくれる風太郎に輝いている神がかった描写。

ごめんね

どれだけ風太郎が振り向いてくれるかの問題ではなく自分が許せないことが原因。

風太郎は真面目だからゆえにそれに気が付けない。83話を思い出す。全く逆になってしまった。

gotobun_picture

春場ねぎ 五等分の花嫁83話より

風太郎は私を信じてくれなかった仕返しなのか・・?

風太郎が一花の本当の気持ちに気が付けば、引き止まるのか・・?

一花一体何を・・

一花×四葉

一花が帰り道, 公園に立ち寄る。四葉のいつもの公園。そこへ四葉と会う。

gotobun_picture

春場ねぎ 五等分の花嫁94話より

「あとは」と・・。

そして、四葉に風太郎のことを覚えてるかきく。

gotobun_picture

春場ねぎ 五等分の花嫁94話より

!!!!!

正直一花の考えていることがわからない。

今それを持ち出して何になるのか。そして、この一花の顔が・・・。

何かを企んだ顔である。しかし、それが悪巧みとも限らない。83話でもこんな顔をしている。

gotobun_picture

春場ねぎ 五等分の花嫁83話より

この企み笑顔の後、一花はミクと風太郎をくじに仕掛けをして引き合わせた。

今回は四葉の殻を破らせようとしているのかと。それが自分自身で行う清算。

昔風太郎を”とって”しまったこと。そして、昔のことを風太郎へ言い出せていない四葉への一花からの最後の贈り物。

94話まとめ・感想/95話予想

94話で気になったこと。

一花の辞める決意は、どうやったら変わる?

やばい。思い付かない。

思いついたようにこの記事スペースをとっておく。

新しいバイト先

フータローが一花に対して個人的な家庭教師を断られた後のシーン。

gotobun_picture

春場ねぎ 五等分の花嫁94話より

バイト先も店長が怪我でなし。そして、1人分バイト代がへる。家計に直撃じゃああ!と嘆く風太郎。

バイト募集中のお店

やばい・・・。思い付かない。ミク自身がバイトしているお店?でも話の流れ的に、一花の学校退学を考え直させることに繋がるバイト先な気がする。考えすぎ?

四葉の殻を破れるか

94話の最後。一花から四葉へ切り出した、昔のこと。

二人の間では、それがなんとなくタブーというか触れずにいた。

一花的にはそれが風太郎に知れると恋愛戦術的に不利になると考えたから。そして、一花も四葉がそれを隠していることは気が付いている。90話でそれがわかる。

gotobun_picture

春場ねぎ 五等分の花嫁90話より

しかし、一花が風太郎への想いを断ち切ったから有利も不利もない。一花が四葉へしてあげられることは風太郎への気持ちを閉じ込めた殻を破らせること。

どうやるんだろう。笑

今回94話は謎がいっぱいというか考察しがいのある内容がたくさん。 また、時間があったら書きます。

↓関連記事もよかったらどうぞ↓

最新の関連記事


五等分の花嫁 95話 「分枝の時②」【ネタバレ】一花にもらった恩を風太郎が返す番。一花との取引成功? そして一花がもらった恩を四葉へ返す番。

一花が学校を辞めるのは風太郎次第。風太郎が新たに用意した取引は、俺が監督!!一花が四葉にもらった恩を四葉へ返す。次は四葉が動き出す番かも 週刊少年マガジン34号 五等分の花嫁 94話考察です。単行本勢の方はネタバレを多く含むのでご注意を


五等分の花嫁 93 話 「ツンデレ ツン」【ネタバレ】ニノのツンデレが神がかっている!風太郎も満更でもなく照れてる様子!あ、一花学校辞めるってよ・・

ニノと風太郎は怪我をした店長の見舞いに行くことになる。いつものニノと様子が違う。昔のニノに逆戻りしていた。ニノのツンとデレの作戦が功を成す?一花学校辞めるってよ・・・週刊少年マガジン31号 五等分の花嫁 93話ネタバレです。単行本勢の方はネタバレを多く含むのでご注意を


五等分の花嫁 92 話 「秘密の痕」【ネタバレ】5人がいるプールで待望の水着回神回 五月の初ドキドキ発生!ミク、ニノの水着で抱き着くのは反則

5人のいない海に違和感を覚えた風太郎は5人とプールへ行く提案を持ちかける。姉妹の平穏を守りたい五月は、原因である風太郎を姉妹から遠ざけようとするも・・・週刊少年マガジン30号 五等分の花嫁 92話ネタバレです。単行本勢の方はネタバレを多く含むのでご注意を


五等分の花嫁 91 話 偶然のない夏休み【ネタバレ】5人がいない海。それって楽しい?四葉過去編終了からの五月視点=五月編突入!?まだ五月の恋は開花しないの?/ 92話予想

90話で四葉の過去編終了!重苦しい雰囲気が一変、海編へ突入!5人がいない海。久しぶりの海を楽しむものの物足りなさを感じる風太郎。風太郎には5人が必要な存在となっていた。次回、中野姉妹五人達の公式水着verが拝めるかも!?週刊少年マガジン29号 五等分の花嫁 91話ネタバレです。単行本勢の方はネタバレを多く含むのでご注意を


五等分の花嫁 89 話 【ネタバレ】四葉中高編始動!四葉、花嫁候補からの脱落確定?姉妹の関係の溝は修復できるのか/ 89話予想

零奈の死から数年。あんなに仲がよかった姉妹は、もう”一緒”ではなくそれぞれの道を進み始める!それは、独立なのか孤立なのか・・。注目は、中学時代の5人の関係。四葉の一方的な”敵意”!5人一緒ではいられないという四葉の想いはどうなるのか。そして、レナの残した言葉を正しく捉えられる日は来る!週刊少年マガジン28号 五等分の花嫁 89話予想です。単行本勢の方はネタバレを多く含むのでご注意を


    準備中・・・